本記事では、ExcelでSUMIFS関数を用いて
複数の条件に一致したセルの数字だけ
合計してみましょう。

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • SUMIFS関数とは?
  • SUMIFS関数を使ってみよう!
  • ・SUMIFS関数とは?

    SUMIFS関数とは、複数の指定した条件に沿った
    セルの数字を足し算してくれる関数です。

    SUMIF関数の発展形ですね!


    SUMIF関数がわからない方には難しいと思いますので、
    以下記事をご覧下さい。
    (↓SUMIF関数詳細はこちら↓
     【【Excel初心者必見】SUMIF関数の使い方を解説!】)

    以下に実例を載せます。

    B列に”東京”、C列に”新幹線”と
    入っている場合のみ、D列の数字を
    合計するSUMIFS関数を組んでみました。

    ・SUMIFS関数を使ってみよう!

    Sponsored Link

    先ほどの例題を題材とします。
    まず、以下図のように入力してみます。

    好きな文字や数字を入れても構いません!

    入力が終わりましたら、
    開いているセル内に以下の
    関数を入力していきます。

    =SUMIFS(D2:D6,B2:B6,”東京”,C2:C6,”新幹線”)

    B列が東京でなおかつC列が新幹線の対象が
    D2とD4のセルだったので、
    1500+600=2100となっていますね!

    SUMIFS関数は、SUMIF関数と違い
    【合計対象範囲】を先に指定します。
    (ややこしいですね)

    その後に続き、
    1つ目の条件の範囲、1つ目の条件、
    2つ目の条件の範囲、2つ目の条件~~

    と組み立てていきます。

    例題を当てはめていきます。

    =SUMIFS(D2:D6,B2:B6,”東京”,C2:C6,”新幹線”)

    D2:D6の部分が、合計範囲
    B2:B6の部分が、1つ目の条件範囲
    “東京”の部分が、1つ目の条件
    C2:C6の部分が、2つ目の条件範囲
    “新幹線”の部分が、2つ目の条件

    となっています。

    かなりややこしい関数ですが
    使いこなすことで関数の性質を
    とらえることが出来ます!

    オリジナルパターンで何度も挑戦し、
    是非自分のものにしてみてください!

    本記事はここで終わります。
    ご閲覧頂き、有難う御座いました✨