本記事では、ExcelでCOUNT関数を用いて
個数の合計値を表示してみましょう。

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • COUNT関数とは?
  • COUNT関数を使ってみよう!
  • ・COUNT関数とは?

    COUNT関数とは、数値の入っている
    セルの合計値を表示できる関数です。

    以前紹介した、SUM関数も数値の合計でしたが、
    以下のような違いがあります。

    SUM関数は、セルの中身を足し算する関数。
    COUNT関数は、数字の入っているセルが何個あるか
    表示する関数。

    実際の画面で見てみましょう。

    左がCOUNT,右がSUMの結果です。

    (SUM関数に関しては、こちらの記事を参照ください。
      【Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!】 )

    SUMと似ていますが、このような違いがあります。
    (後半で、具体的な使用例もご紹介いたします。)

    ・COUNT関数を使ってみよう!

    Sponsored Link


    COUNT関数とは、英単語の意味と同一で
    【数を数える】関数です。

    それでは実際にやってみましょう!
    下準備として、適当な数字を
    4~5セルくらい入力してみましょう。

    この画像には alt 属性が指定されておらず、ファイル名は 3.例.png です
    こんな感じで、どんな数字でも構いません!

    どこでもいいので
    空白のセルを選択します。
    イコールを入力し、続けて【COUNT】と
    入力してみましょう!

    以下のような画像になりましたね。

    沢山の【COUNT】からはじまる関数が出てきますが、
    一番上のシンプルな【COUNT】を使用します。

    =COUNT に続けて、半角かっこ【(】を入力します。
    (表示されている【COUNT】をクリックしてもかっこが出てきます。)

    かっこを入力すると、関数の条件設定に移ります。

    数値1,[数値2], …と出ていますね。

    この状態で、先ほど入力した数字をクリックして
    囲ってみましょう!

    関数の中に自動で数字が入りました!

    この状態で、かっこを閉じ、エンターを押します。

    合計値が出てきましたね!

    バラバラに飛んでいる数値に対して
    COUNT関数を使いたい場合、
    以下記事で紹介している方法で応用できます。
    Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

    ここで、実用例をご紹介致します。

    インターネットのフリマサイトで
    商品の販売をしているとします。

    販売している商品を、エクセルで
    管理している例です。

    簡単な例ですが、非常に実用的ですね!


    (セルの大きさや統合、色の付け方などは以下の記事で
     ご紹介しております。
    ・【Excel初心者必見!エクセルで文字の色、大きさ、書体(フォント)と、セルの色を変えてみよう!
    ・【Excel初心者必見!行と列の挿入、セルの結合、文字の揃え方、枠や罫線

    本記事はここで終わります。

    ご覧いただき、有難う御座いました!