こんにちは、ひろです。

今回は、【COUNTA関数でできる事】【COUNTA関数の使い方】の2点をご紹介致します!

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • COUNTA関数でできる事
  • COUNTA関数の使い方
  • ・COUNTA関数でできる事

    COUNTA関数とは、文字の入っている
    セルの合計値を表示できる関数です。

    ここで前回ご紹介した、COUNT関数と
    何が違うんだ?と思われた方も居ると思います。
    ↓COUNT関数詳細はこちら↓
    【Excel初心者必見!エクセルでCOUNT関数を使い、個数を数えてみよう!

    違いはズバリ、
    COUNT関数は、【数値の入ったセルの合計】
    COUNTA関数は、【文字の入ったセルの合計】
    となります。
    ここでの注意点は、【文字】とは数値も含みます。

    COUNT関数とCOUNTA関数の比較画像を
    ご覧ください。

    数字の場合は、COUNT関数もCOUNTA関数も
    セルの合計値が【5】と算出されています。

    文字の場合、COUNT関数で集計できるのは
    数値の場合に限るので、COUNTA関数のみ
    【5】と算出されていますね。

    ごちゃごちゃ言っても紛らわしいと思いますので、
    ズバっと宣言します!

    【とにかく全部の個数を知りたければCOUNTA
    【数字の個数だけ知りたければCOUNT

    COUNTって使わなくてもよくない?
    と思うかもしれませんが、
    沢山あるセルの中から数字の入ったセルだけの
    合計値を知りたいときに使えますね。

    知っているのと知らないのでは、
    多少違ってくると思いますので
    是非この機会に覚えていってください!

    ・COUNTA関数の使い方

    Sponsored Link

    実際にCOUNTA関数を入力してみましょう!

    まず、好きな位置に好きなだけ文字の入ったセルを
    作ってみましょう。

    文字を入力したら、空いているセルをクリックし
    以下画像のように入力してみます。

    イコールを入力し、続けて【COUNT】と
    入力してみましょう!
    続けて半角かっこ【(】を入力します。

    数値1,[数値2], …と出ていますね。

    この状態で、先ほど入力した数字をクリックして
    囲ってみましょう!

    関数の中に自動で数字が入りました!

    この状態で、かっこを閉じ、エンターを押します。

    【6】と結果が出ましたね!

    皆さんも、COUNT関数とCOUNTA関数を駆使して
    色々実験してみてください!

    この関数を使って、別の関数へ発展したりする為
    是非何度も挑戦しコツをつかんでみてくださいね!

    それでは今回はここで終わります。

    ご閲覧頂き、有難う御座いました✨