本記事では、ExcelでCOUNTBLANK関数を用いて
指定した範囲内の空欄の合計を表示してみましょう!

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • COUNTBLANK関数とは?
  • COUNTBLANK関数を使ってみよう!
  • ・COUNTBLANK関数とは?

    COUNTBLANK関数とは、冒頭で説明した通り
    選択したセル範囲内での空欄の個数の数を
    表示することが出来ます。

    文章だけでは伝わりにくいため、実例をご用意しました。

    以下画像のように、空欄のセル(わかりやすいように黄色にしました)
    の個数が表示されていますね!

    いったいどんな場面で使うんだろう?
    疑問に思う方も多いと思います。

    私の使用例では、
    ボリュームのあるデータリストの整備の際、
    抜けが無いかの確認などに重宝しました。

    その他にも他の関数との組み合わせで
    様々な使い道があるため、存在だけでも
    知っておきましょう!(別の関数のご紹介の時、度々登場予定です)

    ・COUNTBLANK関数を使ってみよう!

    Sponsored Link

    それでは実際にやってみましょう!
    下準備として、4×4マス程のセルの中に
    好きな数字や文字を入れていきます。

    セルの準備が出来たら、どこでもいいので
    空白のセルを選択します。
    イコールを入力し、続けて【COUNTBLANK】と
    入力してみましょう!

    以下のような画像になりましたね。

    =COUNTBLANK に続けて、半角かっこ【(】を入力します。
    (表示されている【COUNTBLANK】をクリックしてもかっこが出てきます。)

    かっこを入力すると、関数の条件設定に移ります。

    続けて、先ほど入力した数字をクリックして
    囲ってみましょう!

    関数の中に自動で数字が入りました!

    この状態で、かっこを閉じ、エンターを押します。

    【0】と表示されました。

    範囲内に空白がないので、【0】個ですよ
    という表示ですね。

    それでは、4×4の中に入れた文字を
    何個か消してみましょう!

    消せば消すほど、自動で数字が増えていきますね!

    この関数の仕組みをよく覚えておくことで、
    作成したリストのエラーチェックなどにも
    役に立ちます。

    是非何度か練習をし、習得してみましょう!

    本日はここで終わります。

    最後までご覧いただき、有難う御座いました✨