本記事では、ExcelでCOUNTIF関数を用いて
条件に一致したセルのみを
カウントしてみましょう。

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • COUNTIF関数とは?
  • COUNTIF関数を使ってみよう!
  • ・COUNTIF関数とは?

    COUNTIF関数とは、指定した条件に沿った
    セルのみをカウントしてくれる関数です。

    COUNT関数とIF関数を足したような
    非常に便利な関数ですね!

    ↓COUNT関数詳細はこちら↓
    【Excel初心者必見】エクセルでCOUNT関数を使ってみよう!

    ↓IF関数詳細はこちら↓
    【Excel初心者必見】IF関数の使い方を解説!

    以下に実例を載せます。

    例では、COUNTIF関数の条件に
    【1】となっているセルを数える
    指示を出しています。

    【1】が4個あるので、
    4という数字が出てきていますね!

    指定の仕方次第で、様々な
    個数のカウントができます。

    ・COUNTIF関数を使ってみよう!

    それでは実際に、COUNTIF関数を
    使ってみましょう。

    Sponsored Link

    まず始めに、B2セル~B7セル内に
    以下画像のように文字を入れてみます。
    (ある程度分かってきた方は、
     好きなだけセルを作ってもかまいません!)

    いちごおいしいですよね。

    つぎに、空いているセルに
    以下のように関数を入力してみましょう。

    =COUNTIF(B2:B7,”いちご“)

    【”】で囲われた太字部分を、
    任意の文字に変えることで、
    その条件にマッチしたセルの
    合計数をカウントすることができます!

    ※セルの条件設定に、数字とセル座標以外を
    入力する際は、【”】(ダブルクォーテーション)
    で囲うルールがあります。

    私は検索条件を”いちご”としたため、
    3という個数を表示することが出来ました。

    このCOUNTIF関数を使用することで、
    膨大なデータ群の中から
    任意の数値や文字の個数を
    一瞬で知ることが出来ますね!

    ちなみに、【”】で囲う際
    中に何も入れない(””とした)場合、
    【空欄】という意味になります。

    つまり、条件を【””】とすることで、
    空欄の個数も数えることが出来ます。

    COUNTA関数の逆バージョンとした
    使い方もできますね!
    (COUNTA関数の詳細はこちら
     【【Excel初心者必見】COUNTA関数の使い方を解説!】)

    本記事はここで終わります。

    ご閲覧頂き、有難う御座いました✨