本記事では、ExcelでSUMIF関数を用いて
条件に一致したセルの数字だけ
合計してみましょう。

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • SUMIF関数とは?
  • SUMIF関数を使ってみよう!
  • ・SUMIF関数とは?

    SUMIF関数とは、指定した条件に沿った
    セルの数字を足し算してくれる関数です。

    SUM関数とIF関数を足したような
    便利な関数ですね!

    ↓SUM関数詳細はこちら↓
    Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

    ↓IF関数詳細はこちら↓
    【Excel初心者必見】IF関数の使い方を解説!

    以下に実例を載せます。

    例では、B列に”新幹線”という文字が入っている場合のみ
    C列を合計するSUMIF関数を組んでみました。

    検索条件を”車”に変えると、以下のようになりますね。

    このように、条件を変えることで
    膨大なデータの中から特定の数字を
    合計することが可能となります!

    COUNTIF関数はセルの個数を
    SUMIF関数はセル内の数値を
    一瞬で算出することが出来ますので、
    どちらも覚えていて損はありません。

    ↓COUNTIF関数詳細はこちら↓
    【Excel初心者必見】エクセルでCOUNTIF関数を使ってみよう!

    ・SUMIF関数を使ってみよう!

    それでは実際に、COUNTIF関数を
    使ってみましょう。

    Sponsored Link

    まずはじめに、2種類好きな言葉を考え
    B2~B6のセル内に好きな順で
    入力してみましょう!
    (私の例と同じでも問題ありません。)

    次に、C2~C6のセル内に
    好きな数字を入力してみます。

    入力が終わりましたら、
    開いているセル内に以下の
    関数を入力していきます。

    =SUMIF(B2:B6,”“,C2:C6)

    (太字はB列に入れた言葉を入力してください。)

    B列のセルが”車”の時、
    C列の数字を合計するように入力したため、
    300+900=1200とでましたね!

    関数の中身の詳細説明をします。
    SUMIF関数は、以下の3つのパートに分かれています。

    • 範囲
    • 検索条件
    • 合計範囲

    ここでいう範囲は、条件指定する範囲
    なります。

    検索条件は、どんな条件で検索するか
    なります(そのままですね)

    合計範囲は、条件が一致した際に合計するセルです。

    私の例を当てはめてみます。

    =SUMIF(B2:B6,”“,C2:C6)

    B2:B6の部分が【範囲】
    “の部分が【検索条件】
    C2:C6の部分が【合計範囲】

    となります。

    少しややこしい関数なので、
    何度かパターンを作りトライしてみましょう!

    本記事はここで終わります。
    ご閲覧頂き、有難う御座いました✨