Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

今回は、初の関数編です!
エクセルで【SUM】関数を使い、
数ある数字を一気に足し算をしてみましょう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • そもそも関数って何?
  • SUM関数について
  • それでは本題に入っていきます!

    ・そもそも関数って何?

    エクセルにおける関数は、
    =で始まり、どういった動作を行いたいかを
    条件に従って入力していきます。

    例えば、膨大にある数字を全て合計したい!
    という状況で、1つ1つ足し算していくのはとても
    大変ですよね?

    といった場合には、【SUM】という関数を使って
    指定した範囲内の数字を全て足し算することが出来ます✨
    (以下参考にSUM関数を使ってみました)

    数字を囲って~
    エンター!

    といったような、多種多様でとても便利な機能。

    それが関数です

    皆さま、イメージは掴めたでしょうか?

    現段階ではざっくりでかまいません✨
    これから実際に簡単な関数をやってみましょう!

    ・SUM関数について

    SUM関数とは、英単語の意味と同一で
    【和、総和】を行う関数です。

    簡単に言うと、足し算関数です!

    Sponsored Link

    それでは実際にやってみましょう!
    下準備として、適当な数字を
    4~5セルくらい入力してみましょう。

    こんな感じで、どんな数字でも構いません!

    いよいよ関数を組みます!
    関数を組むには半角で
    イコールを入力するところから始まります。

    どこでもいいので
    空白のセルを選択します。
    イコールを入力し、続けて【SUM】と
    入力してみましょう!

    以下のような画像になりましたね。

    沢山の【SUM】からはじまる関数が出てきますが、
    一番上のシンプルな【SUM】を使用します。

    =SUM に続けて、半角かっこ【(】を入力します。
    (表示されている【SUM】をクリックしてもかっこが出てきます。)

    かっこを入力すると、関数の条件設定に移ります。

    数値1,[数値2], …と出ていますね。

    この状態で、先ほど入力した数字をクリックして
    囲ってみましょう!

    関数の中に自動で数字が入りました!

    この状態で、かっこを閉じ、エンターを押します。

    合計値が出てきましたね!

    それでは、バラバラに飛んでいる数字の合計方法も
    一緒にご紹介します。

    まずは、先ほどのように=SUM( と入力し、
    数字を1つ選択します。(数字が固まっている場合、
    囲っても構いません。)

    選択したら、半角カンマを入力します。【,】

    すると、関数の【数値2】が太字で表記されました。
    こうしてどんどんカンマで区切っていくことで、
    指定しただけのセルの中身を合計することが出来ます!

    すべて選択が終わりましたら、
    かっこを閉じてエンターを押します。

    合計できましたね!

    エクセル上で数字を扱う上では、非常に便利な関数ですので

    皆さんも、何度か練習をして使いこなしてみましょう!!

    それでは、本記事はここで終わります。

    次回は、また違った関数のご紹介をします!

    ご覧いただき、有難う御座いました!✨

    Sponsored Link

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *