Excel初心者必見!行と列の挿入、セルの結合、文字の揃え方、枠や罫線

本記事では、以下項目をご紹介します。

もくじ(クリックでジャンプします)
  • 行と列を挿入してみよう!
  • 枠や罫線を活用してみよう!
  •          
  • セルを結合してみよう!
  •          
  • 文字を揃えてみよう!
  • Sponsored Link

    ・行と列を挿入してみよう!

    題材は前回のブログで作った表を使用しますが、
    任意でご用意いただいても問題ありません!

    以下図の、2の行と3の行の間に1行加えてみましょう。

    行の追加は、選択した行の1つ上に追加される仕様です。
    列の追加は、選択した列の1つ左に追加されます。

    今回は3の上に行を追加したいので、一番左側の

    【3】という数字の上で右クリックしてみます。

    すると、上の画像のような項目が出ます。
    項目中ほどにある、【挿入(I)】を
    クリックしてみましょう!

    挿入できました!がしかし、
    思っていたのと違いますね、、、
    1つ上のセル書式を引き継いでしまっております。
    これをキャンセルする方法も併せてご紹介いたします。

    上の画像を見ると、3の番号の右下に
    ブラシのマークが出ていますね。
    こちらにカーソルを合わせると、
    挿入オプションという文字が出てきました。

    そのままクリックしてみましょう!
    以下画像のような項目が出てきましたね。

    一番下にある、【書式のクリア(C)】を
    クリックしてみます。

    一般的なセルサイズに戻りました!(塗りつぶしも消えています✨)
    意外と知らない人が多いようなので、是非活用してみてください!

    (列も上記と同様の動作で修正することが出来ます。)

    ・枠や罫線を活用してみよう!

    Sponsored Link

    先ほどのデータに少し付け加えて、回覧板のようなものを
    作成してみました。

    しかし、なんだか味気ないですね。。。
    というわけで、罫線をつけてみます!
    まず、罫線をつけたい部分を選択します!
    (クリックしたまま囲うように選択することで、
     沢山選択できます。)

    囲い終わったら、バケツマークの左側にある
    ▼マークを押してみます!
    すると、以下画像のような項目が出てきました。

    ここで、【格子】を選択してみます。

    このように、選択した範囲に格子状の線をつけることができました!

    このほかにも、様々な線のタイプがあるので
    自分好みの線のつけ方を見つけてみてください!

    ・セルを結合してみよう!

    次は、セルの結合をしてみます。

    以下図の、名簿一覧という文字とその隣のセルを合体してみます。

    まずは、合体したい部分を囲います。

    以下画像のように、【セルを結合して中央揃え】
    という項目があるので、クリックしてみてください。

    ガシャン!

    くっつきましたね!見栄えもそれらしくなってきました✨

    横だけでなく、縦でも結合が出来ますので、
    チャレンジしてみてください!

    ・文字を揃えてみよう!

    文字の揃え位置を調整してみます。

    以下画像の、名前という文字を真ん中に移動したいと思います。

    以下画像の青矢印部分に、【中央揃え】
    というものがあるので、クリックしてみてください。

    すると、選択したセル全ての中身が一瞬で移動します!

    いい感じになりましたね!

    以下画像は、全体を太枠で囲い、
    回覧の文字を真ん中に移した図です。

    回覧板らしく、さんをつけてみました

    いかがでしょうか!最初と比べて
    かなり見栄えが良くなったのではないでしょうか!

    そしてここまで説明した項目を
    色々組み合わせていくことで、
    オリジナリティ溢れる素敵な
    データシートを作ることが出来ます!

    本記事はここまでで終わりにします。
    次回は、関数を使いさらに深い部分の
    ご紹介をしていこうと思います!

    ご覧いただき、ありがとうございました!✨

    Sponsored Link

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *