【Excel初心者必見】WEEKDAY関数の使い方を解説!

本記事では、ExcelでWEEKDAY関数を用いて
日付から曜日を表示してみましょう。

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • WEEKDAY関数とは?
  • WEEKDAY関数を使ってみよう!
  • ・WEEKDAY関数とは?

    WEEKDAY関数とは、指定した日付の
    曜日を 1(日曜日)~7(土曜日) の数字で
    出力する関数です

    IF関数内の条件に組み込んで
    使用することが多いです。
    (このままだといまいちピンときませんよね)
    IF関数詳細はこちら↓
    【Excel初心者必見】IF関数の使い方を解説!

    曜日で表示する際は、
    セルの書式設定を
    ユーザー定義で【aaaa】と
    入力することで、曜日表示が出来ます。
    (詳しくは、次項にて説明します。)

    ・WEEKDAY関数を使ってみよう!

    Sponsored Link


    任意のセルに、【=WEEKDAY(】と
    入力し、日付の入ったセルを選択
    もしくは直接日付を入力し【)】で閉じます。

    対応する数値が出ましたね!

    次に、数値を曜日に置き換えます。

    WEEKDAY関数を入力したセルを右クリックし、
    セルの書式設定を開きます。

    分類を、【ユーザー定義】へ変更し
    【種類】に【aaaa】と入力しOKをクリックします。

    ちなみに、表示方法は以下の種類があります。

    【aaaa】→ 日曜日~土曜日
    【aaa】→ 日~土
    【dddd】→ Sunday~Saturday
    【ddd】→ Sun~Sat

    曜日を表示できましたね!

    曜日だけを表示したい
    (曜日に対応する値を使用しない)
    場合は、TEXT関数を使用した方が
    書式設定を変更しなくても
    素早く曜日の表示が出来ます。
    TEXT関数を用いた曜日の表示方法はこちら↓
    【Excel】対象の日付の曜日を表示する

    本記事はここで終わります。
    ご閲覧頂き、有難う御座いました✨

    Sponsored Link

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *