【Excel】チェックボックスと連動させてセルに色を付ける方法

本記事では、チェックボックスとセルの連動方法と、
それを応用し、チェックボックスをONにすると
指定したセルに色が付くような設定の仕方
をご紹介します。

チェックボックスの作成方法が
わからない方は、こちらをご覧ください。
【Excel】チェックボックスの作成方法

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • 連動方法解説
  • セルへの色付け設定解説
  • まとめ
  • ・セルとの連動方法解説

    ①チェックボックスの上で右クリックし、
     【コントロールの書式設定(F)】をクリックします

    ②コントロールの書式設定が立ち上がるので、
     以下丸で囲った上矢印のマークをクリックします

    連動したいセルをクリックします

    ④以下丸で囲った下矢印のマークをクリックします

    ⑤コントロールの書式設定に戻るので、【OK】をクリックします

    これで連動設定は完了です。

    チェックボックスをON/OFFすることで

    以下の様に【TRUE/FALSE】と切り替わるようになりましたね!

    ・セルへの色付け設定解説

    ①色を変えたいセルを選択し、
     ホーム→条件付き書式→新しいルールの順でクリックします

    ②新しい書式ルールが立ち上がるので
     【数式を使用して、書式設定するセルを決定】をクリックします

    【次の数式を満たす場合に値を書式設定(O)】の部分に、【=連動したセル=TRUE】と入力します。

    連動したセルをクリックしてもOKです!
     (以下例では、D3セルに対してチェックボックスを連動しているのでD3としています。また、$マークは自動的に付きますが外しても問題ありません)

    ④書式をクリックします

    連動したセルが【TRUE】となった場合に
     変更する色を設定します。

     今回は例として、【TRUE】となった場合
     D3セルを黄色にするよう設定するので
     背景色に黄色を選択しました。

     背景色を選択したら、【OK】を
     クリックします。

    ⑥書式ルールの編集に戻るので
     【OK】をクリックします

    これで色を変える設定が完了しました

    チェックボックスのON/OFFで
    セルの色が切り替わるようになりましたね!

    TRUE/FALSEの文字が表示されていると
    恰好悪いので、少し手直ししてみます。

    TRUE/FALSEの表示されるセルを選択し
    文字色を【白】に変更
    します。

    変更し、消えたように見えたセルの上に
    チェックボックスを被せてみましょう

    ・まとめ

    Sponsored Link

    連動設定のまとめをします。

    ①チェックボックス上部で右クリックし
      【コントロールの書式設定(F)】を
     クリック
    ②連動させたいセルの選択する

    色を変えるための設定をまとめます。

    ①色を変えたいセルをクリックし
     条件付き書式にて新しいルールを選択
    ②連動したセル=TRUEと設定
    ③【書式】をクリックし
     条件に一致した場合の設定をする

    今回は例として色を変える設定を
    ご紹介しましたが、
    条件部分と書式の設定次第で
    様々な動作をすることが可能です。

    本記事はここで終わります。
    ご閲覧頂き、有難う御座いました✨

    Sponsored Link

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *