【Excel初心者必見】IF関数の使い方を解説!

本記事では、ExcelでIF関数を用いて
条件によって違う結果を表示してみましょう!

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • IF関数とは?
  • IF関数を使ってみよう!
  • ・IF関数とは?

    IF関数とは、英単語の【もし~ならば】という単語通り
    結果を表示する関数です。

    言葉ではいまいちピンと来ないと思いますので
    以下に例を載せます。

    例のB1セル内に、以下の関数を組んであります。。
    =IF(A1=1,”〇”,”×”)
    (B2セルの場合 【=IF(A2=1,”〇”,”×”)】

    関数をバラバラにして、説明します。

    【=IF(】これを入力することで、
    IF関数が始まります。

    【A1=1】これは、A1セルの中身が数字の【1】
    ですか?という内容です。

    【 “〇”,”×” 】これは、
    A1=1ですか?という内容に対し、合っていれば
    【〇】を、あっていなければ【×】を
    表示してください
    という意味です。

    なんとなくご理解いただけたでしょうか?
    やはり文字で理解するのはなかなか難しいので
    実際にやってみましょう!

    ・IF関数を使ってみよう!

    Sponsored Link

    例題と同じものを作ってみましょう。
    まず、A1のセルに数字の【1】を
    A2のセルに数字の【2】を入力してみましょう。

    続いて、B1のセルに
    【=IF(】と入力します。

    なにやらごちゃごちゃ出てきましたね・・・

    以下のように文を置き換えてみましょう。
    理論値=【〇〇は××ですか?】
    値が真の場合=【〇〇は××の場合どう表示しますか?】
    値が偽の場合=【〇〇は××でない場合どう表示しますか?】

    そして、この例題では
    〇〇=A1
    ××=1

    としてみます。

    当てはめると、こうなりますね。

    【=IF(A1は1ですか?,A1は1の場合どう表示しますか?,AIが1でない場合どう表示しますか?)】

    となります。

    ここまで理解すれば、あとはどう表示するかだけですね!
    A1=1だった場合〇を、違う場合は×を表示してみましょう。

    B1セルに、【 =IF(A1=1,”〇”,”×”) 】と
    入力してみます。

    ここでの注意点が2つあります。
    ①関数の条件設定を次に進めるには、【,】(カンマ)
     を入力する。
    ②関数の条件設定で、【セルの指定】【数字】以外を
     入力する場合、【”】(ダブルクォーテーション)
     で囲う

    といったルールがあります。

    それらを意識し、実際に入力してみましょう!
    (セルの指定時は、指定したいセルをクリック
     するだけで反映されます。)

    条件が一致したため、〇が表示されました!

    続いて、B1セルをクリックし、セル右下にある
    小さな点をクリックしてB2のセルまで引っ張って
    みましょう。

    下へ引っ張ります!

    (この機能は、【オートフィル】といいます。
     同じ関数条件で、【A1】だった対象が
     【A2】に変わっていることがわかります。
     この機会に覚えてみましょう!)

    A2のセルは、【1】ではないため
    【×】が表示されましたね!

    それでは、値が真の場合、偽の場合の部分を
    【YES】【NO】など自分好みにアレンジして
    色々と実験してみましょう!

    数をこなすことで、関数の性質がわかってきます。
    何度も挑戦し、自分のものにしましょう!

    本記事はここで終わります。
    ご閲覧頂き、有難う御座いました✨

    Sponsored Link

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *