会社に1冊置いておきたいExcel関数の本

本記事では、社会人向けに
会社のデスクに置いておきたい
Excelの本をご紹介いたします。

もくじ(クリックでジャンプします)
  • Excel初心者向け
  • Excelの効率化を図る人向け
  • ・初心者向け

    新人さんや、データ整理が苦手・・・という方に
    ぜひともお勧めしたいのがこの2冊です。

    1冊目

    Excelをほとんど触ったことのない人へ
    こちらの本をお勧めします。

    数多くある機能の中から、
    実際に使用する大半の項目を
    ほぼ全て優しく解説している本です。

    非常に親切な内容となっており
    これ1冊あれば、よほど専門的な
    分野でない限りフォローできる内容と
    なっております!

    ただし、上級者の方へは少し
    物足りない内容かもしれません。

    2冊目

    こちらは、関数に特化した入門書です。
    「大体の操作方法はわかるけど
     関数はさっぱりだ!」
    といった方にお勧めの本です。

    関数とは?という所から
    よく使う関数までしっかり丁寧に
    説明してくれています。

    やや小さめのサイズなので、
    会社に置いておきやすい1冊です!

    ・Excelの効率化を図る人向け

    いかにシンプルに、効率よくできるかを
    追求した本をご紹介します。

    1冊目

    表計算等の考え方から関数の組み方まで
    しっかりと実践的に解説されている本です。

    実用的な関数の組み合わせ等が乗っているため
    デスクに置いておき、Excelの辞書のような
    使い方をするのにもってこいです!
    (厚さもなかなかある為、本当に辞書のようです。。)

    持ち運びには少々不便ですが、
    会社に1冊いかがでしょうか✨

    2冊目

    データを大量に扱う業務をする方へ
    お勧めなのがこちら。

    関数でやろうとしたら
    途方もない時間のかかりそうな
    データ集計を一発で終わらせてしまう
    【ピボットテーブル】をとても親切に
    解説している本です。

    この本が1冊あれば、
    困ったときの手助けに
    一役買ってくれること間違いなしです。

    今回は、会社に置いておきたいシリーズでのご紹介でした。
    次回はまた違った角度からのおススメ本を
    ご紹介できたらと思います。

    Sponsored Link

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *