【Excel初心者必見】AVERAGEIF関数の使い方を解説!

本記事では、ExcelでAVERAGEIF関数を用いて
条件を満たしたセルの平均値を表示してみましょう。

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • AVERAGEIF関数とは?
  • AVERAGEIF関数を使ってみよう!
  • ・AVERAGEIF関数とは?

    AVERAGEIF関数とは、
    数字の入ったセル群を対象に
    条件を設定し、条件に一致したセルの
    平均値を表示する関数です。

    以下実例をご覧ください。

    B2~B6のセルを対象に、
    【0以上のセルの平均値のみを表示】
    するよう組んでみました。

    ・AVERAGEIF関数を使ってみよう!

    AVERAGEIF関数を実際に組んでみましょう。

    Sponsored Link

    B2~B6のセルにそれぞれ
    任意の数字を入力してみましょう。
    (マイナスの数値を1つ以上入れてみましょう。)

    次に、B8セルに
    【=AVERAGEIF(B2:B6,”>=0″,B2:B6)】

    と入力します。

    本題では、条件を【”>=0″】とすることにより
    【0以上のセル】の平均値を出しています。

    B2,B3,B5セルが【0以上】なため、
    (1+2+0)/3
    となり【1】と表示できましたね!

    関数条件の説明をします。

    【範囲】は、条件を指定する範囲
    【条件】は、平均したいセルが当てはまる条件
    【平均対象範囲】は、実際に平均する値が
    入っているセル

    となります。


    ★本題は、より実用的な例を挙げるため
     【範囲】及び【平均対象範囲】が同一
     でも成立するようにしておりますが、
     別々で作ることも可能です。
    以下に別々で設定した例を載せます。

    B2~B6セル内で、【A】となっている場合のみ
    その隣のセルの平均値を出すように設定しました。

    Excel上数値を扱う上で
    頻出する関数ですので
    是非覚えてみてください!

    本記事はここで終わります。
    ご閲覧頂き、有難う御座いました ✨

    Sponsored Link

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *