【Excel初心者必見】LARGE関数の使い方を解説!

本記事では、ExcelでLARGE関数を用いて
指定した順位(大きい順)で表示してみましょう。

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • LARGE関数とは?
  • LARGE関数を使ってみよう!
  • ・LARGE関数とは?

    LARGE関数とは、
    数字の入ったセル群を対象に
    【指定した順位(大きい順)】
    が何の数字かを出力する関数です。

    以下実例をご覧ください。

    1番大きい【1000】と出力されています。

    B2~B4セルを対象に、
    【1番目に大きい数字】を
    出力するよう組んでみました。

    【2番目に大きい数字】と指定すれば
    以下のようになりますね。

    2番目に大きい【100】が出力されています。

    ・LARGE関数を使ってみよう!

    LARGE関数を実際に組んでみましょう

    Sponsored Link

    B2セルに【10】
    B3セルに【100】
    B4セルに【1000】

    と入力し、

    B6セルに【=LARGE(B2:B4,1)】

    と入力してみましょう。

    関数条件の説明をします。

    【配列】部分が順位を表示したい
    数字の入ったセル群です。

    【順位】部分が何番目に大きい数字を
    表示するかを指定する部分です。

    B2~B4セル内で1番大きい数字の
    【1000】が表示できましたね。

    数字以外の文字が入っているセルを
    一緒に囲っても、無視されますので
    気兼ねなくセルを囲って順位を表示できます。

    本記事はここで終わります。
    ご閲覧頂き、有難う御座いました ✨

    Sponsored Link

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *