【Excel初心者必見】AND関数の使い方を解説!

本記事では、ExcelでAND関数を用いて
IF関数を複数条件にしてみましょう。

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

また、本記事は【IF関数】をベースに進行します。
【IF関数】を理解したうえで読み進めて頂けたらと思います。

↓IF関数について↓
【Excel初心者必見】IF関数の使い方を解説!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • AND関数とは?
  • AND関数を使ってみよう!
  • ・AND関数とは?

    AND関数とは、主にIF関数のような
    条件を設定する関数に組み込んで使用します。

    条件を複数個用意し、
    それらの条件【全てに一致】した場合は
    IF関数の値が【真】に。
    条件が【1つでも不一致】の場合は
    IF関数の値が【偽】となります。

    以下画像の場合、B2,C2のセルが
    どちらも【1】だった場合は
    IF関数の真に設定した【〇】を表示。

    それ以外の場合は
    IF関数の偽に設定した【×】を表示するよう
    入力してあります。

    ・AND関数を使ってみよう!

    AND関数を実際に組み込んでみましょう。

    Sponsored Link

    初めにB2セル、C2セルにそれぞれ
    半角数字の【1】を入力します。

    次に、D2セルに以下関数を入力してみましょう。
    【=IF(AND(B2=1,C2=1),”〇”,”×”)】
    ※太字部分がAND関数となります。

    【〇】と表示できましたね。

    本例では条件を2つとしていますが
    さらに多くの条件を付けることも可能です。

    また、別途応用編で紹介予定ですが
    【ANDの中に別の関数を組み込む】等することで
    さらに細かく細分化し結果を表示することも可能です。

    本記事はここで終わります。
    ご閲覧頂き、有難う御座いました ✨

    Sponsored Link

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *