【Excel初心者必見】LENB関数の使い方を解説!

本記事では、ExcelでLENB関数を用いて
文字数を表示してみましょう。

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • LENB関数とは?
  • LENB関数を使ってみよう!
  • ・LENB関数とは?

    LENB関数とは、対象のセルにある
    文字の個数を表示する関数です。

    LEN関数と似ているようで明確な違いがあります。

    LENB関数の特徴として、指定した【文字数】
    ではなく、【バイト数】となります。
    (バイト数とは、全角が2バイト、半角が1バイト
     となります。)

    LEFT関数詳細はこちら↓
    【Excel初心者必見】LEN関数の使い方を解説!

    文章では伝わりにくいと思いますので
    以下の実例をご覧ください!

    B2のセルに入った【ABCDEあいうえお】という
    文字列は、【全角のひらがなは各2バイト】、
    【半角のアルファベットは各1バイト】なので
    合計【15】と表示されていますね。

    ・LENB関数を使ってみよう!

    Sponsored Link

    B2セルに【ABCDEあいうえお】と入力し、
    C2セルに【=LENB(B2)】と入力してみましょう。

    文字数が表示できましたね!

    本記事はここで終わります。
    ご閲覧頂き、有難う御座いました ✨

    Sponsored Link

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *