【Excel初心者必見】LEFT関数の使い方を解説!

本記事では、ExcelでLEFT関数を用いて
文字を抽出してみましょう!

関数って何だろう?というかたは、
この記事を参照してみてください!
Excel初心者必見!エクセルの関数とは!&実際にSUM関数を使ってみよう!

Sponsored Link

もくじ(クリックでジャンプします)
  • LEFT関数とは?
  • LEFT関数を使ってみよう!
  • ・LEFT関数とは?

    LEFT関数とは、文字列の左から数えて
    指定した数字までの文字を
    抽出することが出来る関数です。

    RIGHT関数の逆バージョンですね!
    (RIGHT関数のページはこちら↓
     【【Excel初心者必見】RIGHT関数の使い方を解説!

    文章では伝わりにくいと思いますので
    以下の実例をご覧ください!

    B2のセルに入った【あいうえお】という
    文字列の、左から2文字目まで(【あい】まで)
    を抽出するよう入力してみました。

    ・LEFT関数を使ってみよう!

    Sponsored Link

    好きなセル1つの中に、
    なんでもいいので文字を書いてみましょう。
    (それっぽいシリアルナンバーとかでもいいですね。)

    それらしい文字を書いてみました。特に深い意味はありません!

    文字を入力したら、空いているセルに
    LEFT関数を入力していきます。

    【=LEFT(】と入力した後に、
    抽出したいセルをクリックします。
    (手入力でセル番号を指定しても構いません。)

    セルの選択が終わったら、
    【,】(カンマ)を入力します。

    関数の条件が[文字列]へ移行するので、
    左から何文字目までを抽出したいかを
    数字で入力し、【)】(かっことじ)で
    関数を終了しエンターを押します。

    エンター!

    私の例では、
    【500-A-22】という文字列の
    左から5文字目までを抽出しているので

    【500-A】となりましたね!

    LEFT関数を使用すれば、
    管理番号などの決まったキーワードを
    抽出する際などにとても重宝します。

    是非何度か挑戦し、身に着けてみてください。

    本記事はここで終わります。
    ご閲覧頂き、有難う御座いました✨

    Sponsored Link

    SNSでもご購読できます。

    コメントを残す

    *